ちょこっと

ちょこっと天気が良かったので
プチツーリング。


久しぶりに総社国分寺周辺へ
牛窓からはいいドライブコースです!
吉備津神社も楽しい!吉備路ルート。
バイクでお出かけ。日中は暖かく
グローブは冬用でなくて良かった!
まだまだ、もう少しは日中のバイクツーリング
真冬装備でなくても楽しめそうです。

島根へツーリング

10月遊びの締めくくり。
以前から会いたかったシロイルカに逢いに
島根浜田の水族館へ!
めっちゃ可愛いくでかい!

夜は松江しんじ湖まで走り1泊。
帰り道に金持神社で金運アップ?祈願して
その後は、がいせんざくら新庄村でのんびり
お昼にコーヒータイムを楽しみました。
新しい道の駅で館内も綺麗で新庄村のもちもち
うどんも楽しめる。
少し下ると真庭のアグリガーデンもあったりと
このルートは秋の紅葉ツーリングも楽しいですね。

10月は、カブ高知にカヤックキャンプにと
よく遊びました。今日から仕事に励みます。(^_^;

牛窓カブ主走会 2019高知

行ってきました。高知カブツーリング。
おじさん達の1泊2日の修学旅行。総勢10台。

朝5時に出発!しまなみ海道を渡り
山越えで高知まで。

夜は高知の酒を楽しみ、大歩危小歩危を
超えて高松まで。
最後はフェリーでうどんを食べて帰って来ました。
総走行距離は500km越え!

日曜のペンション業はアルバイトの女子に
来てもらって、なんとか出発出来ました。
※家族には了解してもらってます。(^_^;

高知城の上で写ってる女性の後ろ姿は
決して愛人ではありません。
たまたま写った他人ですよ。

カブの慣らし

カブツーリング。慣らしの最後の仕上げ
初回の1000kmオイル交換を目指して
残り180kmを解消するため走って来ました。

目指すは奈義町の那岐山麓 山の駅。
ここは景色も良く山からの気持ちのいい風が
通る場所でゆっくり公園でお昼寝するのは最高。

さらに山の駅から5分ほどの美術館へ
宿泊のお客さんには、たまに道順を聞かれる
のですが、行くのは初めて!
アート心がないもので・・・(^_^;

大地、月、太陽と分かれる常設アートの部屋
太陽の部屋は不思議な空間で平衡感覚が
保ちにくかった。おもしろい体験が出来ました。

無事に1000km越えを果たし、帰って来てから
オイル、フィルター交換終了。

これで来月は牛窓カブ主ツーリング高知で
しっかりエンジン回せます。(^^)v

各地のペンションの集まり。

一応、本業の仕事の出張だった飛騨高山。
会合場所のペンションで宿泊のあとは


九頭竜湖まで!ここの道の駅の恐竜も動く!
さらに舞茸の名産のようで手作り弁当がめちゃうまい!

その後も恐竜街道と呼ばれる
県道を走り福井恐竜博物館へ。道中も恐竜だらけ。
すごく面白かった~。映画ジェラシックパークが
見たくなりました。

その後は三方五湖のレインボーラインも通り
前回投稿した舞鶴の訳あり和室に一人!で泊まり

神鍋のお客さんが店長?をしている道の駅に
その後は県道やディープな峠道を走り牛窓まで
帰ってきました。

トータル1140km走ってました。
今回、高速移動は最初の備前から美濃まで。
それ以外は下道。

今回の活用はgoogleマップの下道ディープな峠道
時間はかかるものの下道は楽しいですね。

時間があればカブでチャレンジしたい(^^)v

大きすぎる部屋

各地のペンションの集まりで飛騨地方へ行った
帰り道に立ち寄った宿。

今宵の宿で、ちょうどルート上にあって
おまかせルームで1000円の料亭での夕食券と
ワンドリンクサービス。で宿泊費は7000円
夕食代で払ったのは800円。

部屋、広すぎ!
料亭は貸し切り!

大広間12畳で布団も2個ひいていた。
VIPな感じで満喫できました。
あっ、1人で宿泊ですよ。

和室の布団てちょっとHな雰囲気と思うのは
僕だけかな?(^_^;)

弾丸九州ツーリング!

船中2泊の中1日、約12時間の九州旅!

edf
edf

前回は阿蘇中心でしたが、今回は高千穂峡から
阿蘇!しかし、阿蘇で雨がポツポツ、しかも
時間が結構かかって一気に大分に帰還。


でも、楽しく気持ちのいい九州ツーリングでした。
サンフラワーでしっかり飲んで食べて船旅も満喫でした。
最後の神戸から牛窓は土砂降り早朝ツーリングとなりました。

クロスカブ

原付きのバイクを買い替えて慣らし運転で、
ディープな神様のところに行って来ました!
別に下心があるわけではないですよ!
金勢大明神!一応、下の元気、子宝などの神様
地元の布団屋Kちゃん
オススメのスポットに行ってきました。

ここまでに来ると、久米といえば!ここ鳥屋さん。
唐揚げ、焼き鳥、手羽を買い、ガンダムのある
道の駅に立ち寄り、岡山ディープな見学ツーリング。
楽しい一日でした。

しかし、中島ブロイラー!安くてうまい。