カヤック出張!

出張!週末に行われる岡山 鏡野 SEA TO SUMMIT 2019へ!
カヤックだけですがお手伝いへ!
持ち主はペンションでしっかり連休の宿泊業(本業)をします。(^_^;
カヤック8本。北へ旅立って行きました。


頑張ってお手伝いしてきてね~。
ほんとは持ち主も参加したい。😭でも、仕事が・・・。

秋の朝焼け。

秋の早朝の牛窓湾の朝焼け。
日の出前の、この時間が
光の変化があって神秘的な
色合いを見せてくれます。

早起きの方はお散歩で行けば
これからの時期、こんな風景が
見えますよ!
ペンションくろしお丸から徒歩
約15分です。

牛窓カブ主走会 お泊まりツアー!

行ってきました。高知カブツーリング。
おじさん達の1泊2日の修学旅行。総勢10台。

大型バイクには出来ない原付バイクルートのみ橋上で記念撮影が出来る。
交通の邪魔にならないように注意です。
来島海峡大橋を前に休憩。ここは伯方の塩ソフトや瀬戸内レモンソフトがあるよ。
四国上陸を前に橋の上でクロスカブを撮影です。

朝5時に出発!しまなみ海道を渡り
山越えで高知まで。

寒風山の峠を越えて道の駅。焼き鳥屋にむらがるおじさん達。
さすが日曜日の峠の道の駅はバイクがいっぱい。

夜は高知の酒を楽しみ、大歩危小歩危を
超えて高松まで。
最後はフェリーでうどんを食べて帰って来ました。
総走行距離は500km越え!

高知城を目指して上がるおじさん達。
大人の修学旅行!高知城の前でみんなで記念撮影です。
けっして愛人と旅ではありません。(^_^;

日曜のペンション業はアルバイトの女子に
来てもらって、なんとか出発出来ました。
※家族には了解してもらってます。(^_^;

やっぱりこのルートで「ひばり食堂」ははずせません。
カツ丼ではなくとんかつ定食にしてみましたが、やっぱりかつが多い。(^_^;
旅ももう終わり。フェリーをまつカブ達。
哀愁の男の背中。チームガイドありがとうSくん。

高知城の上で写ってる女性の後ろ姿は
決して愛人ではありません。
たまたま写った他人ですよ。

やっぱり晴れの国!

雨予報のはずが曇りいや晴れ間が出て青空もでている。
さらに夕日も見えそうだ。
ちょっと時間があったので下の浜辺に行ったついでに
夕焼けの空を撮ってみました。
これからは、どんどん夕日が綺麗になってきますよ!

スッキリ!

ある日のペンションからの風景。秋に向かって空気がスッキリ!
そんな日には、こんな風景がくろしお丸の客室やテラスから見えます。

テラスでの海風が気持ちいい!
ペンションの前には自然がいっぱい。
客室のテラスからの景色
客室の窓からの景色
ペンション内のあちこちにマリングッズがいっぱい。

カブの慣らし終了で奈義へ。

カブツーリング。慣らしの最後の仕上げ
初回の1000kmオイル交換を目指して
残り180kmを解消するため走って来ました。

目指すは奈義町の那岐山麓 山の駅。
ここは景色も良く山からの気持ちのいい風が
通る場所でゆっくり公園でお昼寝するのは最高。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに山の駅から5分ほどの美術館へ
宿泊のお客さんには、たまに見順を聞かれる
のですが、行くのは初めて!
アート心がないもので・・・(^_^;

※ここ奈義町は牛窓から約80km、車での所要時間は
 約1時間半ぐらいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大地、月、太陽と分かれる常設アートの部屋
太陽の部屋は不思議な空間で平衡感覚が
保ちにくかった。おもしろい体験が出来ました。

無事に1000km越えを果たし、帰って来てから
オイル、フィルター交換終了。

これで来月は牛窓カブ主ツーリング高知で
しっかりエンジン回せます。(^^)v

月夜のハンモック!

日中は、まだまだ暑いですが朝晩は
秋の気配。涼しく過ごしやすくなりました。

連休が終わってオーナーもホット一息。
夜空を眺めて、まったりハンモック。

夜空を眺めながらテラスで
ハンモックに揺られる!最高です。

こんな秋の夜が待ってます。
ぜひ、夜のハンモックを体験してくださいね。

快晴のカヤック。

日中は暑いけど、風は心地よく朝晩は涼しい。
そんな牛窓の海に浮かんでます。
昨日は快晴!
常連のお客さんの希望で特別ツアーまったりカヤックは最高でした。

日本ミツバチの採蜜は原始的。

西洋ミツバチとは違って、ハチ任せで自然な
発育にて飼う、自然の養蜂。
いつもは扇風機やドライヤーの風で空の巣箱に
ミツバチたちを移動してもらって巣を採取して
蜜をとるのですが、今回は原始的にうちわで送風!
これ本場の丸亀うちわで風量がすごいんです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本ミツバチの蜂蜜は9月後半ぐらいから
デザートで使用する予定です。
少し酸味があって爽やかな味です。
お楽しみに!!

日本ミツバチの蜂蜜の採蜜。

日本ミツバチの採蜜は2年ぶり!
まずは巣箱内にミツバチが入るように煙でいぶして。

採蜜場所に移動して採蜜準備。

2年ぶり。しかし、今年もいまいち
外部から見るほどハチの発育が少なく
巣の作りも良くない。

巣が脱落したあとが・・・。
いつもより巣と巣の間があいている。

いつもの状態ならもっと巣箱内にびっちり
巣も綺麗にあるのですが、隙間が大きく、1群は
巣が脱落してそのまま増設したよう。
蜜料も通常期の半分以下の状態でした。

採蜜後に移動した巣箱に入ったミツバチたちを逃げないように「ハチまいったー」という
器具を巣門に装着。女王蜂だけがでれない仕組みに。

ここ数年、日本ミツバチは逃亡したり、ハチ子出しや
採蜜期に巣もあまり出来ていなかったり、
ミツバチ自身の発育数も少なかったりと採蜜が
出来ないことが多く、環境の問題もあるのかな?

※うちだけではなく回りの知人の日本ミツバチも、
ほぼとれてないようでした。

昨年は長期の大雨や7,8月の高温、今年は9月が
異常なぐらい夏の戻りと年々、環境が変わっていく
人間の年もとる。(^_^;

あと2群ある日本ミツバチは、9月末か10月はじめ
に採蜜できるかな?

ミツバチを飼い始めてから作っていた
養蜂ノートも結構な内容に。過去にさかのぼって
見るのも楽しいですね。
いっぱい失敗してます。(^_^;